MENU

【アメリカでナース】デスクナースという役割

私は現在、クリニックでナース(RN)として働いています。

現在、クリニックで働いているナース(RN)は 5人います。

内訳としては、Head nurse(看護師長)が1人、スタッフナースが4人です。

私はスタッフナースの一人です。

 

4人いるスタッフナースで、"デスクナース"という役割を、1週間ごとに交代制でしています。

日本でいうとその日のリーダーナース的な役割と似ています。

 

 

デスクナースってなに?!

それぞれの医療機関で、ナースの働き方は違うので一概には言えませんが、うちのクリニックのデスクナースの最大の役割は、

来院したすべての患者さんと、その日に働く医師・スタッフのコントロールをする

です。

 

具体的な仕事内容

*医師への患者さんの振り分け

*看護スタッフ(ナース、看護助手さん、そしてクリニックで働いている学生さん達)への仕事の振り分け

*検査室、薬局、事務とのやり取り

*患者さんや他のクリニック・施設からの電話への対応(もちろん全て英語で)

*専門医への紹介の手続きや書類の作成、等々

まさにクリニックを回す"ヘッドクオーター"の役割を果たします。

 

デスクナースは、その名の通りデスクに座って、その日にクリニックで働いている医師のスケジュール表とにらめっこしながら患者さんの振り分けを初め、その他すべての業務をこなしていきます。

 

普段使わない部分の脳をフル回転で使っているので、私の場合、1日が終わると、脳がグッタリします。(苦笑)

 

デスクナース以外のナースは何をしているの?

*医師が患者さんを見る前の、バイタルサイン(血圧・脈拍・体温)と身長と体重の測定、なぜ来院したかの主訴の確認。事前にできる検査をオーダーしたりします。

*各種予防接種や、医師から指示の出た注射や点滴の施行

*縫合やガーゼ交換等の介助

*耳洗浄

*健康診断や検査、処置をした時の書類の作成とあと片つけ、、、

 

こちらは、デスクナースと比べると、1日ほとんど立ちっぱなし、動きっぱなしっという”肉体労働”です。

 

デスクナースの難しさ

これは日本でもアメリカでも同じだと思うのですが、このデスクナースの役割をこなすには、たくさんの要素が絡んできます。

 

*患者さんのそれぞれの病状についての知識と緊急度の判断能力

*医師それぞれの得手不得手とパーソナリティーを知る

*患者さんが利用可能な他の医療・福祉施設の情報を確保しておく

*急変時に必要な技術とその対応(心肺蘇生法、点滴や注射、酸素マスク、など)

 

またこれは、どの職場でも基本ですがナーシングスタッフとその他の部署との連携を良好に保って進めていくことが大切です。

 

日々、勉強の毎日です。