MENU

夢ノート〜私編

ナースとして転職活動後、無事に東京にある大学病院の救命救急センターで働けることになり、上京した私。

転職してすぐの私は、戦場のような救命救急センターでの仕事にに追われながらの生活に押しつぶされそうになっていました。

そんなときに本屋さんで見つけた運命の本。

それが、中山庸子さんの「夢ノート」のつくりかた でした。

 

「夢ノート」のつくりかた (PHP文庫)

「夢ノート」のつくりかた (PHP文庫)

 

 

 

この本を読んでから、自分の夢ノートを作って目標を達成してきた感があります。

ダイエット、英語の勉強、アメリカ留学、、、、大きなものから小さなものまでいろいろあった私の夢ノートの項目。

 

そして、夢ノートを使うことで、時間がかかりながらも、少しずつ夢を叶えてこられた私。

 

しかし、現在の私はっというと、結婚して、子供たちが生まれて、フルタイムで仕事をして、とその日その日を終えることに精一杯。

時間の使い回しがきちんと出来ていない私としては、私のしたいこと・好きなことを書く夢ノートを作る時間を作り出すのに四苦八苦しています。
 

自分がやりたいこと、欲しいもの、見たい、食べたい、行きたい、その他、なんでもありの私の夢ノートをまた作って、それを元に夢実現に向けてコツコツと歩んでいきたいと思います。

 

そして、夢ノートをもっと活用して、自分の人生をより良く、充実したものにしていきたいと思います!

 

もし、今、自分のしたいことがあって、でも躊躇していたり、ちょっと気分的に落ち込んでいて、何か新しいことを始めてみたい、前向きな自分になりたい!という人にはオススメの本です!

 

人によっては、夢ノートと言わずに、バケットリストと言ったり、引き寄せの法則と言ったり、ビジョンボードと表現する人がいるかもしれませんが、私の意見としては、これらのすべてのものは、名前が違っても最終的に夢を実現するためのツールであるということは変わりないと思うのです。

 

自分にあった方法を見つけて、気持ちをリフレッシュ、ポジティブに人生を楽しんですごしましょ!