アメリカ生活ブログ

アメリカ在住リノの海外留学・海外生活情報ブログ

ハワイで日本語ができる小児科医の探し方

日本とアメリカでは医療のシステムが違います。

特に、子供達は産まれてから18歳になるまでは、ほとんどの場合、親が子供の為に主治医として選んだ小児科医に診てもらうことになります。

ハワイに留学や移住で親子で長くハワイに住まわれる方にとって、小児科医主治医探しはとても重要です。 英語ができれば、小児科医探しの幅も広がりますが、ハワイに来て間もない場合や、緊急時など、日本語が通じる先生の方がコミュニケーションが取りやすく、安心できるのではないでしょうか?

ここでは、日本語ができる小児科の先生の探し方について、残しておきたいと思います。

ハワイで日本語ができる医師のパターン

ハワイで日本語ができる先生のパターンは2つあります。

日本で医師をされていてその後、ハワイにきてプラクティスをされている先生。

もう一方はハワイで生まれ育ったが、日本語を話す環境で育ち、日本語ができる先生。

前者の場合、日本語のみならず、日本の習慣や医療システムについてもわかってくれる場合が多いので、日本人としては安心かつ便利かもしれません。

日本語が話せる小児科医の探し方

まず、ハワイの保険会社の中でポピュラーなHMSA (Hawaii Medical Service Association)のウエブサイトに行きます。

Hawaii Medical Service Association (HMSA)

 

次に、右上のコーナーにある ”Find a Doctor” というタブをクリック。

Find a Doctorダブをクリックすると新しいにページに検索欄が出てきます。

サーチ欄に、”Pediatrician” と入れ、ご自分が加入している医療保険のプランを選択。

そして、サーチするために、虫眼鏡をクリックします。

虫眼鏡をクリックした後、新しい画面に先生のリストが出てきます。そこからまた条件を絞り込んでいきます。

画面の左側に Narrow Your Results というタブがあるので、その中の Languages からJapanese をクリックして検索。

Narrow Your Resultsの中では他にも、先生の性別(Gender)やアイランド (Oahuなど)の選択もできます。

新患を受け付けている先生を選びたい時はOtherの項目でAccepting new patientsを選択し、検索ボタンを押します。

そうすると、先生のリストが表示されます。

各先生の情報の右下のところに View Details というボタンがあるので、クリックします。 すると右側にその先生の詳細が出てきます。Languages のところを見ると先生によっては日本語だけとか、 日本語に加えて他の言語もリストにのせている先生もいます。

オフィスを幾つか持っている先生は名前が重複して出てきますので、自分の家から近いオフィスに電話をして面接の予約をします。

重要なこと

先生の日本語がどのくらいなのかは、オフィスに電話をしてみる、または直接面接をして必ず確認しましょう!

また、先生が日本語を話すかだけではなく、オフィスのスタッフが日本語を話すかどうかというところも重要ですのでチェックが必要かと思います。

また、自分が加入している医療保険をその先生が受け付けているかという確認もとても重要ですので、検索の際に必ず自分の保険のプランを入力しましょう!

その他の検索方法

このリストの他にも、グーグルで、Hawaii Pediatrician Japanese などのキーワードで検索すると該当する医師の情報が出てくるので、ご自身の医師の面接リストに載せてもいいですね!

最後に

ここでは日本語を話す先生の探し方の一例を書いてみましたが、日本語を話すすべての先生がリストに載っているようではないようです。

実際に私が知っている日本語を話す小児科医の先生の名前はリストに載っていないので、インターネット(日本語と英語で)での検索や、知人からの口コミによる情報収集も役に立つと思います。

この方法を使うことで、小児科医でけではなく家庭医などの検索もすることができますので応用していただけると幸いです。