【ピッツバーグ】カーネギー図書館でバイリンガルストーリータイム

ピッツバーグのイーストリバティー地区にあるカーネギー図書館で行われたバイリンガルストーリータイムに子供達と行ってきました。

ピッツバーグ便利帳のpgh−jメーリングリストから、こちらの情報をいただきました。

こちらはカーネギー図書館のサイトから。(英語です)

Storytime: Japanese and English – Carnegie Library of Pittsburgh

本題から、話がずれますが、これからピッツバーグに留学や研究でこれからいらっしゃる方は、ピッツバーグ便利帳はとても有益な情報が得られてオススメです。

ピッツバーグ便利帳

こちらがpgh−jメーリングリストの情報へのリンクです。

pgh-jメーリングリスト – ピッツバーグ便利帳

本題に戻りまして、バイリンガルストーリータイム、楽しかったです。

場所と時間

イーストリバティー地区のカーネギー図書館です。

毎月第3火曜日の午後11時から11時半までの30分です。

夏の間は、他のイベントがあったり担当者が夏の休暇で不在だったりする場合もあるようなので、スケジュールのチェックが必要になりますね。

アドレスや電話番号などの詳しい情報は下のリンクから見ることができます。

Storytime: Japanese and English – Carnegie Library of Pittsburgh

カーネーギー図書館のウエブサイトでは0−5歳までのお子さんが対象で、保護者の同伴が必要とされています。

しかし、小学校低学年の子供も参加させていただけました。

実際に行ってみました

駐車場がある側のカーネギー図書館のいり口はこんな感じです。

新しい建物です。

f:id:EnjoyLife:20180520194640j:image

駐車代のお支払いをするためにマシーンへ。

こちらがそれです。

f:id:EnjoyLife:20180520194651j:image

マシーンの拡大写真がこちら。

私は知らなかったのですが、クオーター(25セントのコイン)か、クレジットカードはVISAかMasterカードしか使えません。ちなみに、1クオーターは15分間駐車できます。私は余裕を持って1時間分を払いました。

車のプレートナンバーの入力が必要です。

f:id:EnjoyLife:20180520194654j:image

私が行った時は、手持ちのカードでVISAかMasterカードがなく、クオーターも1枚しかなく、っという状況でした。

ライブラリーの中で両替してもらおうと思い行ってみると、ちょっと無愛想な受付のお姉さんに”クオーターはないのよ!”っと言われてしまった。しかし、そのお姉さんが警備のおじさんに聞いてくれました。(よかった)

警備の彼はクオーターをたくさんポケットに忍ばせていて、(おそらく私みたいな人が他にもいるのだと思います。苦笑) 事なきを得ました。

駐車場のお支払いに関しては、こういうアプリもあるそうです。

写真をよく見ると、左下の方にゾーン#とか、アプリ関連情報がマシーンに書かれていますね。今度試してみようと思います。

Go Mobile PGH | Pittsburgh Parking Authority

さて、無事に駐車場料金の件も解決して、早速、裏手の入り口からキッズ達と入場します。

初めての図書館で、キッズルーム(子供達の本専用のエリア)がわからず。

そうすると、さっきの警備のおじさんが手招きして、教えてくれました。

写真があるとわかりやすかったのですが、この入り口から入ると、左手にある白い短い階段を上って、まっすぐ反対側の入り口の方に歩いて行きます。そして、左手にトイレが見えてきたら、その手前を左側に行くとキッズルームに入ります。

f:id:EnjoyLife:20180520194304j:image

館内はとても綺麗で冷房も聞いていて快適です。

バイリンガルストーリータイム

駐車場のお支払いに手こずっている間に、ストーリータイムがすでに始まっていました。その様子がこちら。

アメリカ人と日本人の司書さん達が、英語と日本語で書かれた本を交互に読んでくれます。

f:id:EnjoyLife:20180520194113j:image

今日のバイリンガルストーリータイムで読んでいただいたのはこちらの2冊。

f:id:EnjoyLife:20180520194146j:image

f:id:EnjoyLife:20180520194139j:image

キッズ達は、聞き入っていました。

読み聞かせの後は、日本語と英語の歌をみんなで歌いながら踊りました。

f:id:EnjoyLife:20180520194108j:image

その後、この日は母の日の翌日という事で、参加しているキッズ達が参加しているお母さん・お父さん達に、事前に準備されているペーパーフラワーをとってきてプレゼントするっというアクティビティーもありました。

f:id:EnjoyLife:20180520194105j:image

30分のストーリータイムが終わると、キッズ達は、館内にあるおもちゃで遊ぶ事ができます。

こちらが、その様子。

f:id:EnjoyLife:20180520194121j:image

もちろん、本もあるので、好きな本を借りたり、読んだりする事もできます。

こちらの図書館は、日本語の本の量もたくさんありました。

ディスプレイされていた日本語の本を撮ってみました。

f:id:EnjoyLife:20180520194224j:image

30分と短い時間という事と、読み聞かせ以外のアクティビティーがあるので、うちの子供達は楽しんで参加していました。

f:id:EnjoyLife:20180520194113j:image

もし、ご予定の合う方、オススメです。

余談

私は10年ほど前に、ピッツバーグに住んでいた事があるのですが、その当時、イーストリバティーは”行ってはいけない地区”の一つだったのです、危険なので。

それが、今回引っ越してきて、現在はすっかりと開発されて、ターゲットやホールフーズなどのショッピングにも便利で、比較的安全な地区になっていて驚きました。

ストーリータイムの前後にお買い物やお食事をしていかれるのも楽しいですね。