アメリカ生活ブログ

アメリカ在住ママ🌙リノの海外留学・海外生活情報ブログ

私がアメリカで看護師になるまで

私は現在、アメリカ、ペンシルバニア州でメディカルアシスタントとして、小児科のクリニックで働いています。 ペンシルバニア州に引っ越してくる前は、ハワイ州でナース(Registered Nurse: RN、日本でいう正看護師のこと)として大学にあるクリニックで働いていました。

f:id:EnjoyLife:20180506150917p:plain

現在、ペンシルバニア州のRNナースの免許の取得の手続きを行っていますが、アメリカでは日本の看護師免許と違い、たとえ他の州でRNナースであっても、ペンシルバニア州の看護協会の規定に沿って手続きを行い、承認されなければ、RNナースとしてのライセンスを得ることができません。もちろんライセンスなしで、RNナースとして働くことは違法です。

ペンシルバニア州のRNナースのライセンス取得に受けてのプロセスについては、今後、継続的に残していきたいと思っています。

さて、本題に戻りまして、アメリカでRNナースとして働くためには, 国家試験である、NCLEX-RN というテストにパスしなければなりません。 日本で正看護師の免許を取得している場合、ぞれぞれの州の看護協会の規定を満たしていれば、アメリカの看護学校や大学に行っていなくても、NCLEX-RNのテストを受けることができる場合があります。

ここでは、私がNCLEX-RNにパスして、ハワイ州でRNのライセンスを取得するまでの経緯を残しておきます。 人それぞれ、状況が異なるので、私の経験が他のどなたかの役に立てるかはわからないのですが、これからアメリカでRNナースを目指される方々の一参考になればと思っております。

私の日本での看護師としての経緯

私はアメリカに留学する前に、日本でも看護師として働いていました。 実家のあったの田舎町の病院と東京の大学病院の救命救急センターで、トータルで7年ほど、看護師をしていました。

アメリカに留学したのはスポーツ医学を学ぶためでした。ですので、アメリカで看護学校や看護大学には行っていませんが、医療用語を英語で学ぶ機会がありましたし、実際の現場で実際に患者さんやアスリートの怪我の予防、そしてその評価と治療を行う機会に恵まれました。

アメリカでRNナースになるまでの長い道のり

アメリカ留学後、一度看護から離れたわけですが、縁があってまたRNナースとしてフルタイムで働くことができました。 しかし、私がアメリカでナース(RN)の国家試験に当たるNCLEX-RNに合格し、その資格を取得するまでには約5年という歳月を費やしました。

5年って、結構長いですよね。(苦笑)

まー、色々と理由(言い訳)はあるんですよ。

  • フルタイムでスポーツ医学の仕事をしていた
  • 独学だったので途中で中だるみ
  • CGFNSの書類のを準備に時間がかかった
  • 息子さんの妊娠・出産と育児

長くかかった言い訳はたくさんあります。(苦笑)

それでも、最終的にRNナースとしてアメリカで働くことができましたし、ペンシルバニア州でもそれができればと思っています。。

 

これからアメリカでナースを目指す皆さんへ

日本で働いている看護師さんの中には、将来、看護留学したい方や、海外で看護師として働きたいっと思っている方がいらっしゃるかもしれません。また、日本では看護と全く関わりのない生活をされていた方々が、なんらかの理由でアメリアに住むことになり、一から看護の道を目指したいっという方もいるかもしれません。

今後、私の経験を残しておく事で、どなたかの参考になればと思っています。

尚、このブログの内容は、あくまで私自身の体験談という事で、すべての方に当てはまりません。情報は日々変化していますし、アメリカの場合、州ごとに看護協会の規定する内相が異なります。ですので、情報については必ずご自身で確認して行動してください! また、これはあくまでも日本で正看護師の免許を持っている場合の事例です。

RNナースライセンス取得までの簡単な経緯

  • 自分がライセンスを取りたい州の看護協会のウェブページで、免許取得に関する情報収集をする。必要であれば直接電話をして確かめす。 CGFNSのウエブサイトでどの証明書を看護協会が指定しているか、またどのような書類が必要かを確認する。必要であれば電話確認を!アプリケーションは、この時点ではまだ申し込まない。CGFNSのリポートができた時点でおkなった方が時間の節約になると思います。

  • 自分が卒業した看護学校・大学から英語のトランスクリプトの作成をしてもらう (CGFNSに送付用)。私の場合は英訳に時間がかかることが予想されたので、事前に卒業校に連絡を取り、誰が担当になってくれるか、等を事前に確認し、作業を開始してもらった。その後CGFNSの所定の用紙も送付して記入・送付をしてもらいました。

  • 厚生労働省の看護科に連絡して、CGFNSに送付する、看護師免許の英訳を申請する。約1カ月ほどかかるので、トランスクリプト同様、早めに問い合わせをして、その後CGFNSの所定の用紙も送付して記入・送付をしてもらいました。

  • CGFNSのアプリケーションは1年間有効ですので、CGFNSの手順に沿って必要書類を早めに提出します。不備がある場合はオンラインアカウントでお知らせが来ますので、追加の書類を送付します。州によっては英語のテストを義務付けている場合もありますので、よく確認しましょう。 *CGFNSに書類を送る場合は全てトラッキングナンバーのついている、国際スピード郵便を使うことをお勧めします。

  • CGFNSのリポートが問題なく発行された時点で、州のRNナースライセンスの申請を行います。これは多くの場合、1年間有効です。それと同時に、NCLEX-RNの勉強も並行して行います。

  • 看護協会から書類を受理され、規定を満たしていればATT(Authorized to Test) の許可が下りるので、これで晴れてNCLEX-RNテストの予約を入れることができます。Pearsonのウエブサイトでアカウントを作成し、テスト料金を支払い、テストのスケジューリングをします。

  • いざ試験を受けて、結果を待ちます。

テストを受けるまでの流れはだいたいこんな感じです。私はNCLEX-RNのテストを3回目の挑戦で合格しました。

また、CGFNSの手続きも2回行っていて、その時々で違った問題にぶつかってきました。 CGFNSは、依然と比べて対応がかなり改善されてきましたが、オペレーターによって、返答が違ったり、無愛想で全く助けれくれない人もいるので、手続きの最中で心折れたり、悲しくなったりします。 しかし、それは皆通る道なので、深く落ち込まず、その対応をしながらテスト勉強に励みましょう!

詳細については、後日また追加していきます!