アメリカ生活ブログ

アメリカ在住ママ🌙リノの海外留学・海外生活情報ブログ

母乳搾乳器を医療保険で無料に手に入れる方法 How to obtain Free Medela Breast Pump via HMSA.

この投稿は別のブログで書いていた過去記事をリライトしたものです。投稿日はこの記事を最初に投稿した日に設定してあります。情報が古くなっている危険性が十分ありえますので、参考として読んでいただきたいと思います。 このブログの免責事項につきましては、プロフィールの方を参照いただけますよう宜しくお願い致します。

This post is a rewrite of the past article written in another blog. The information might be outdated. If you use the information posted on this aericle, please use them in your own judgment and responsibility. The administrator of this blog is not responsible for any loss, damage, trouble caused by using information of this blog. Please note.

アメリカ生活ブログ管理人リノのプロフィール - アメリカ生活ブログ

アメリカでは母乳育児の推進のため、加入している医療保険によっては母乳搾乳機を無料で提供してくれるサービスがあります。

今回は私がHMSAの医療保険(私の医療保険のプランはHMOプランでした)を利用して無料で母乳搾乳機を手に入れるまでの経過を残しておきたいと思います。

Hawaii Medical Service Association (HMSA)のサポートサービス

私の加入していた医療保険HMSAは、特定された母乳搾乳機を無料で入手することが可能でした。Breast Feeding Support and Counselingというサービスです。詳しくはHMSA のウエブサイトを参照して下さい。

My health insurance plan was HMSA HMO. It covered a cost of selected breast pumps for eligible customers. The service called "Breast Feeding Support and Counseling."

Please check a link below.

Breast Feeding Support and Counseling

最初の妊娠の時にはメデラ社の自動母乳搾乳機を、アマゾンから自費で購入して$200超えだったのを思い出します。

While my first pregnancy, I bought Medela Breast Pump from Amazon. It cost over $200. Yes, it was very expensive.

私が保険を使って母乳搾乳器を入手した方法

今回、2度目の出産にあたり、HMSAのウエブサイトからこのサービスを 取り扱っている場所のリストをまず見つけました。

This time, I went to HMSA website and found a link. The link has a list of pharmacies that I can use the service.

https://hmsa.com/Media/Default/documents/aca-women-location-list.pdf

このリストからオアフ島で、Medela社の自動母乳搾乳機を取り扱っている場所を探していきます。1回目の妊娠の時に使ってみて、Medela社のものが使いやすかったので。 まずは主治医の産科の先生から処方箋をもらいました。

I was looking specifically Medela's breast pump because it was easy to use. For the island of Oahu, there are several phamacies that carries Medela's breast pump. I got a prescription from my OB/GYN doctor before I started the process.

母乳搾乳器入手のため、最初にハワイではボピュラーナ薬局であるターゲットとウォルグリーンに連絡を取りました。

To obtain free Medela's breast pump, I contacted pharmacies at Target and Walgreens first.

Target at Salt Lake ターゲット@ソルトレイク

まずターゲットの薬局へ行きました。担当の人から私のアカウントを先に作成しなければならないということで、産科の先生からの処方箋、と医療保険のカード、そして身分証明書を提示ししました。その後、私の保険でカバーされる搾乳機の種類を教えてくれました。

At first, I went to Target pharmacy. A person at the pharmacy created my account with them. I needed to show my prescription, medical insurance card, and ID. After creating an account for me, she checked my insurance information make sure I can use the service. After that, she told me which type of breast pump is covered by my insurance plan.

その後、新生児用品売り場へ行って、現物があるかどうかを見てくるようにいわれました。 私の保険でカバーされるMedela社の搾乳機はすでに売り切れでした。同じMedela社のものでもちがう機種のものはたくさんありましたが、保険でカバーされないので、薬局に持っていいけません。 新生児売り場の担当の人によると、搾乳機がいつメインランドから輸送されてくるかは分からないの で、毎朝売り場のほうに電話をして確認するようにっとのこと、で、品物が入荷したらすぐに取りに来ないと、他にも同じ搾乳機がほしい人がいるので、すぐに 売り切れになるっとのことでした。

この時点で、毎日仕事に行っている私がここで搾乳機をゲットするのは到底不可能な話に思えてきました。

After my account was made, I was told to go to infant section to check if there is any stock available, and if there is, bring it back to the pharmacy. I went to the infant section and looked for the specific type of breast pump I can get. However, it was all sold out. The other types of Medela brand pumps and different brands' pumps were there. However, because it is not covered under my insurance plan, I was not able to take it.

I asked a person who worked at the infant section when they were expecting to have it. She said, she did not know exactly when it is coming from the mainland and suggested to call Infant Dept. every morning to check if they have it or not. And then if they have it, come to the store ASAP to get it because there are other people who are also looking same one. If I do not get one at that time, I need to wait another shipping to come. At that point, I was thinking that it seems impossible for me to get one from here because I work every day, and I cannot leave my work any time for just getting the pump. And, even if I could leave my work, there is no guarantee that if any stock available until I come.

もし、搾乳機を無事に手に入れることができたら、それを薬局に持っていき、手続きをしてもらい、その後晴れてお家に持って帰れるという仕組みです。 が、しかし、ターゲット自体は早くから開いていますが、薬局は日によって10時とか11時とかに開くので、それまで待たなければいけないということ?!、、、なのでここで搾乳機を手に入れるのはかなり難しいなーっと思いました。

If I am lucky to get the pump, take it to the pharmacy to check, then you can take it home. That what I was told. However, sorry I have not gone to that far.

Another thing you should know is that Target store opens early but the pharmacy hours are different. They open 10am or 11am depending on the day and you may need to wait until pharmacy opens to check out.

Workers at Target were very nice and they gave me a good answers. However, I did not think it was for me, so I tried different store; Walgreens, next.

Walgreens Pharmacy ウォルグリーン

次に問い合わせしたのが、Walgreens Pharmacyです。 まずは電話をして、私の医療保険でカバーされるMedela社の搾乳機を取り扱っているかどうかの確認をしました。その後、Waiting Listに名前を載せてもらって、自分の順番が来たら向こうから電話がかかってくるという仕組みです。受け取りに行く際に産科の先生からの処方箋、医療保険のカードと身分証明書を持っていく必要があります。

I called Walgreen pharmacy to ask if they carry a Medela breast pump. The pharmacy I called in town carries it, but again also sold out. They said I can put my name on their waiting list. Once they receive it, they call me and I need to bring my prescription, insurance card, and ID to them.

こちらはターゲットよりも確立が高そうですが、薬剤師さんによると、いつ品物が入ってくるか分からないこと、Waiting listで私は26番目だったので、かなり待たなければいけない旨を言われました。

I thought it may have better chance for me to get one. However, they also said they do not know when it comes, and I was the 26th person on their waiting list = long waiting time.

一応、ここでもWaiting listに名前を載せてもらうようにしました。 オアフ島内にはいくつかWalgreensがあるので、もう一箇所でもWaiting list に名前を載せてもらいました。

I put my name in the list just in case. I called to another Walgreens pharmacy a little far from where I live. They had same system so I also put my name on their list too. Again, people who helped me were very nice and answered to all my questions.

1)と2)の方法をとって、1カ月ほどたちましたが、搾乳機はまだ私の手元に届いていませんでした。 予定日まであと10日ほどのことです。 その時はもう少し早めに手続きをしておけばよかったなーっと悔やみました。

I did try Target and Walgreens first. However, even after 1 month since I contacted them, I had not have one. My due was 10 days away at that time. I was regret that I should have started this process earlier so I did not have to worried about.

CAL-MED HAWAII

待っていても仕方がないので、母乳搾乳機を手に入れる為に次に連絡を取ったのが、 ワイパフにあるCAL-MED HAWAIIというところです。

Next place I tried for obtaining a breast pump is CAL-MED Hawaii in Waipahu.

Hawaii's #1 Source for Medical Supplies and Equipment

リストに載っている電話番号に電話すると、 カリフォルニア州にいるオペレーターにつながりました。 何でカリフォルニアにつながるか!?っと、ちょっといやな予感でした(苦笑)が、 オペレーターの方は手続きについてとても丁寧に説明をしてくれました。

When I called a phone number listed on the website, it connected to an operator in state of California. I was thinking like "Why I am talking someone in California?!" However, the operator explained how the process works very clearly and kindly. So I followed the steps she told me to do.

まずはCAL-MED HAWAIIのウエブサイトに行き、 左のカラムにある”Breast Pump Insurance Claim Form"っというのをクリックします。(現在は"click here"のところを押すとフォームが出てきます。) そして、必要情報を入力して送信すると2-3日のうちに担当者から 私の医療保険が搾乳機をカバーするかどうかの審査をしたあと、 必要事項の確認の電話があり、その後搾乳機が指定した住所に 送られてくるとのことでした。

She said go to CAL-MED HAWAII website and fill out "Breast Pump Insurance Claim Form". It is located in the left column on the website. (now, just click "click here") They will check all my information, including my insurance coverage, then person who is in charge in Hawaii will contact me in 2-3 days business days to verified the information. After the comfermtion, they will send a breast pump to address I listed in the claim form.

っということで、早速、オンラインフォームを記入して送信しました。

So, I completed and submit my online form.

オンラインフォームを送ってから2日目の夕方、CAL-MED HAWAIIの担当者の方から電話がありました。

 

I received a phone call from CAL-MED HAWAII. It was 2 days later after I submit the online form.

私の保険でMedela社の自動母乳搾乳機がカバーされるということの確認と、 搾乳機を送る住所の確認の為の電話でした。 2-3日で手元に届くとのこと。

He said my HMSA insurance covers one type of Medela breast pump which I wanted. He call me to tell that and also to verify my address to ship the pump. It takes 2-3 days to deliver to me. (so fast!)

担当者の人はとても丁寧な対応で、アメリカの横柄なカスタマーサービスに慣れてしまっている私としては、ちょっと驚きましたが、品物が今週中につくということで、一安心です。

The Person who answered to my questions was very kind and professional. I have not have this much nice customer service in the US. I am also glad that the breast pump will come to me before my due date.

確認の電話が来て二日目で、商品到着。母乳搾乳機が無事に届きました。 思っていたよりも小さな箱で来てビックリ。 I received a breast pump 2 days after since CAL-MED HAWAII called. The box was smaller than what I expected, a little surprised.

最初にお妊娠の時に購入した母乳搾乳器はトートバッグにすべて入った物を 購入した。今回もそれを想像していたので、ちょっとびっくりしましたが、まーフリーですからこんなものでしょうか。

When I bought one by myself, a tote bag with other accessories including the storage bag, etc. Maybe that is why it was bigger than what I got this time. Well, it was free (well, covered by insurance I pay), and learned a lot from this experiences.

私は搾乳機自体が出産までに来るかどうか心配だったのと、 ターゲットのように毎日お店に電話をして、品物が入荷したかの確認をすること、 また、それを取りにいく為の自由な時間がなかったし、 Walgreensの2カ所の薬局のように品物がいつ来るか分からない状況が 精神的に良くなかったので、 今回の素早いサービスには満足しています。 Walgreensのサービスを利用する方は、早めにWaiting listに 自分の名前を載せてもらうのがいいかもしれませんね。

I was so worried if a breast pump comes to me before my due or not. I just did not have time to call Target every day or going there immediately if they gets one. I could wait to get one being on a waiting list at Walgreen pharmacy if I started earlier.

So, my recommendation to you is start/plan early to get one.

It was not good feeling worried too much with pregnancy. I am happy I got one before my due. Thank you CAL-MED HAWAII.

ここまでが私が無料で母乳搾乳器を入れるまでの経過です。

余談・おまけ

以下、おまけとして、私が母乳搾乳器を使っていた時の様子と、搾乳器のリサイクルに付いて追記しました。

どなたかの参考になれればと思います。

おまけ〜私の母乳育児編

ハワイで2人の子供を出産し、アメリカで育児をしています。

出産前は、ベイビーのために、”完全母乳”っという言葉にこだわっていました。

しかし、子供達それぞれの状況で、それはムリだと分かったので、フォーミュラ(粉ミルク)と併用で育てました。 母乳育児・搾乳した母乳は2人の子供がそれぞれ1歳になるまで行いました。

息子さんと娘さんの出産後は、6週間の産休のあと仕事に戻ったので、母乳育児を継続するため、毎日搾乳が必要でした。

 

最初の妊娠時(息子さん)に購入したのは、メデラ社の母乳搾乳器(Medela Breasut Pump)でした。

その当時、私が加入していた保険では母乳搾乳器はカバーされなかったので、Amazonで購入しました。

上にも書きましたが、お値段は結構張りましたが、約1年間、毎日使っていたので元は取れたかな。 (苦笑)

 

このセットには持ち運び用のバッグとリサイクルできる保冷剤が 付属で付いていたので何かと便利でした。

娘さんが生まれる時は、同じタイプの母乳搾乳器が 加入していた保険でカバーされました。 ただ、出産間近になってからその手続きを始めたので、 実際に手元に来るまではハラハラドキドキでした。(それがこの記事の最初の部分です。)

保険でカバーされていた、無料の母乳搾乳器は、息子さんの時と違い、立派なバッグには入っていなかったし、 保冷剤付きの持ち運びバッグは付いてきませんでしたが、 搾乳器としての役割はしっかり果たしてくれました。

持ち運びには、手持ちのしっかりしたバッグを持ち運び専用にして使っていました。

息子さん・娘さんに使った両方の搾乳器は2つの搾乳器が付いていましたが、 私は2つの搾乳器を同時に使うということはありませんでした。 搾乳器を使用する際にアジャストしたりするのが、2つ同時に行うのが大変だったのがその理由です。

ただ、2つ同時にしたほうが刺激になって もっとよく母乳が出るということは病院で言われました。 あとは時間の節約にもなるから、、、っと。 (苦笑)

 

なので、使い方は人それぞれだと思います。自分に合った使い方を見つけるのが一番です!

出産直後は母乳の出が良かったので、余った母乳は冷凍保存をしていました。 搾乳器につけるアジャスター付きの冷凍保存バッグを使っていました。

ただ、出産から数ヶ月経って、母乳の量が減ってきてからは、 冷凍保存する程の量が出なくなってきたので、 使い捨てとなる冷凍保存用バッグは使わず、 何度も使えるようにプラスティック製の容器を買い足して使いました。

2つはもともと搾乳器についてきていたので、6個買い足しました。 経済的でしたし、母乳の量が減ってからは機能的でした。

使用している際の困ったことというと、 白い小さい弁(membrane)を洗っている時になくしてしまったこと。 幸いにも、別売りで買えたので助かりました。

 

こんな小さなものですが、これが無いと搾乳できないので、ある日の午後は痛い胸を抱えての仕事になってしまいました。

2度使ってみて、とても使いやすいので、これから出産・母乳育児をされる方に、私はおすすめしています。

卒乳後、不要になった搾乳器を寄付

まだちゃんと使えるので、どこかでリサイクルできないかと探していたのですが、なかなか見つからず、、、。

以前に母乳育児中をするにあたり、母乳カウンセリングをしてもらった

Hawaii Mothers’ Milk に問い合わせてみると、なんとユーズドの母乳搾乳器の本体を引き取ってもらえるとのこと!

チューブや搾乳器のカップやボトルは、一度使用しているということで、引取りはできないということでしたが、まだちゃんと動く母乳搾乳器の本体は寄付可能です!

Hawaii Mothers’ Milk はカピオラニ病院の新しいビルディングの一角に場所を移していました。

新しいビルディングの中は、同じようなドアがたくさんあって、ちょっとわかりにくいので、受付で確認してから行くことをおすすめします。