アメリカ生活ブログ

アメリカ在住ママ🌙リノの海外留学・海外生活情報ブログ

ペンシルバニア州のRN(看護師)ライセンスの再申請

私が始めにペンシルバニア州のRN(看護師)のライセンスの手続きを始めたのが1年ちょっとまでした。今回、その申請書の有効期限である1年間が過ぎたため、再度、RNライセンスの申請書の提出が必要となったので、その経過を残しておこうと思います。

 

 

全てオンライン化したRNライセンスの手続き

ペンシルバニア州のRNライセンスは、最近システムが変わり、RNライセンスの申請はすべてオンラインで行うようになっています。

 

下のリンクをクリックし、左側のサイドバーにある Login をクリックします。

BPOA Portal

 

そうすると、下のようなログイン画面がでてくるので、すでにアカウントがある人はドグイン情報を入れていきます。

 

アカウントがまだない人は、先のリンクに戻り、サイドバーのLoginの上にある Registerをクリックして、そこからアカウントの作成を行います。

 

f:id:EnjoyLife:20180616204440p:plain

 

私は、ペンシルバニア州アスレティックトレーナーのライセンスも保持しており、その際にアカウントを作成したので、その作業は不要でした。

 

RNライセンスのところをクリックすると、どの書類が提出されていて、何が不足しているかっというリストが表示されています。

 

f:id:EnjoyLife:20180616204117p:plain


上の表を見ると、私の場合は、新しい申請書と申請料(上のアプリケーションとアプリケーションフィー)の提出が必要です。

 

また、このリストには載っていませんが、ハワイ州看護協会からのRNライセンスの証明も再度、必要とのことでした。(以前に送ったものは、申請書と同様、1年が有効期限ですので、新たな証明書が必要とのこと。)

 

一番下のL2k Checklistというのは、私のTOEFLのスコアーを意味しています。

ペンシルバニア州では、看護教育を英語で受けていないナースに対しては、その英語能力を証明するために、ペンシルバニア州看護協会が規定した英語能力テスト機関からの書類の提出が求められます。

下のリンクから、指定されている英語能力テスト機関の情報と必要とするスコアーの情報がみられます。

http://www.dos.pa.gov/ProfessionalLicensing/BoardsCommissions/Nursing/Documents/Applications%20and%20Forms/Board%20Approved%20English%20Proficiency%20Tests.pdf

 

RNライセンス申請書〜私編

こちらが、ペンシルバに州看護協会の担当の方が送ってくださった電子メールに添付されていた紙のアプリケーションです。

 

最初は、RNライセンスだけを申請しようと思いましたが、申請手続きにかなりの時間を要するので、今回はテンポラリーパーミットの申請もすることにしました。

料金としては$35ドルの追加となります。

 

f:id:EnjoyLife:20180607111613j:image

まずは名前や住所などの個人情報を記入。

その後は、提示されている質問に答えていきます。


f:id:EnjoyLife:20180607111616j:image

 

次に、卒業した看護学校の情報を入力。


f:id:EnjoyLife:20180607111619j:image

最後のページでは、今までに取得しているライセンスについて、記入していきます。

私はアメリカのものと日本のものを記入しました。

今回、テンポラリーパーミットの申請もするので、その内容も記入し、最後にサイン。

 

ハワイ州のRNライセンスの証明書(バリフィケーション)

こちらは、私のハワイ州のRNライセンスの証明書の申請書。

セクションAの部分は自分で記入します。

セクションBはハワイ州の看護協会が記入し、ペンシルバニア州の看護協会に直接送ってくれる仕組みになっています。

 

f:id:EnjoyLife:20180607111622j:image

 

RNライセンスの証明書の発行にはお金がかかります。

それぞれの州で料金が違うので、ウエブサイトで確認が必要です。

私の場合は、$15だったので、その分のチェック(小切手)を申請書と一緒に同封。

サーティファイドメールで発送しました。

(料金は$5ちょっとかかりますが、郵便物の紛失が多いアメリカなので、必ずトラッキングナンバーのある郵送方法で送りましょう!)

 

ハワイ州看護協会が手紙を受け取ってから、書類が発行されるまでには、20日〜1ヶ月ほどかかる予定。

 

ラッキーだったこと

私の日本での看護教育についての評価をする、CGFNS-CESは、まだ使用できるということで、再度、その手続きは不要ということでした。

こちらの投稿でも書いたのですが、CGFNSの手続きは本当に大変だったので、

これは本当に嬉しかった!

CGFNSの手続きでトラブル!1年以上経ってやっと他州のRNアプリケーションを提出できた経験談 - アメリカ生活ブログ

 

以前はもう一つ、他の審査機関もリストに載っていたのですが、現在ではCGFNSのみがペンシルバニア州が指定する機関となっています。

http://www.dos.pa.gov/ProfessionalLicensing/BoardsCommissions/Nursing/Documents/Applications%20and%20Forms/Board%20Approved%20Foreign%20Credentials%20Evaluators.pdf

 

今回、ペンシルバニア州のRNライセンスの申請書を再送付しました。

あとは何とかTOEFLの規定スコアー(トータルで84点以上、そのうちスピーキングのスコアーが26点上)をクリアーしなければ、、、。

 

頑張ります!