ピッツバーグに留学・駐在で引っ越す際に活用したい3つのサービス

ピッツバーグは、アメリカ合衆国ペンシルバニア州の南西部に位置する地方都市です。
その昔、鉄鋼の町として栄えましたが、衰退した時期がありました。

Roselie / Pixabay

しかし、現在は、University of Pittsburgh Medical Center(UPMC), University of Pittsburgh (Pitt)、 Carnegie Mellon University (CMU) をはじめとする医療保険産業、ITやハイテク産業を中心に活性化している街です。

TeroVesalainen / Pixabay

日本からは、留学や研究、またお仕事で来られる駐在員とそのご家族の方々が、ピッツバーグに多くいらっしゃいます。
また、ピッツバーグに在住している日本人の方々もたくさんいらっしゃいます。

これからピッツバーグに引越しの予定、またはすでに引っ越されてきた方々にぜひ活用していただきたい3つのサービスをご紹介したいと思います。



ピッツバーグ便利帳

ピッツバーグ便利帳は、ピッツバーグで生活する日本人の方々にとって、バイブル的な存在のポータルサイトです。

各種手続き、 ピッツバーグでの生活を立ち上げに必要な情報が、カテゴリーごとに別れて掲載されています。 また、ピッツバーグでのお買い物、エンターテイメントや外食等の情報も手に入ります。

ピッツバーグ便利帳 メーリングリストというのがあります。

このメーリングリストから、ピッツベーグ生活の情報、ムービングセールや不動産(賃貸・売買)、車の売買等の情報が寄せられます。

ピッツバーグに来る前に、情報収集の為にも、ピッツベーグ便利帳のメーリングリストに登録することをお勧めいたします。

ピッツバーグ子育て便利帳

こちらは、ピッツバーグ便利帳の姉妹サイトとして2010年に開設されたポータルサイトです。

ピッツバーグ周辺に住んでいるお母さんたちの、妊娠、出産、育児についての情報が満載で、とても参考になります。

klimkin / Pixabay

 

お子さん連れでピッツバーグに引っ越される方々には、ピッツバーグ便利帳とともに、とても役立つサイトですのでぜひ参考にしていただきたいです。

ピッツバーグ便利帳・ピッツバーグ子育て便利帳、どちらも運営はボランティアの方々のお力によって成り立っています。

各ポータルサイトの規則に従って使用することで、豊富な情報を使わせていただくことは、とてもありがたいことです。

Japanese Community Outreach(JCO)

三つ目におすすめするのは、UPMC Shadyside Family Health Centerのスタッフ・有志の方々によって行われる こちらのミーティングです。
月一程度の間隔で、医療系トピックについて、日本人医療スタッフによるレクチャーを受けることができます。

Hans / Pixabay

以下、過去のトピックの一例です。

* アメリカの医療保険・ 医療費について

* ライム病について

* 怪我をした時の初期対応について

* アメリカでの出産について

*子供が病院にかかる時に必要な英会話

日本とアメリカでは医療制度・医療保険が全く違うシステムですし、こちらで病院にかかる場合には、基本的に英語です(一部、通訳を用意してくれる場合もあります。)ので、これらの知識が少しでもあると、もしも!の時に助かります。

私は個人的にライム病と怪我をした時の初期対応が参考になりました。

ピッツバーグを含むアメリカ北東部は、ティックバイト(tick bite, ダニに噛まれる)ことによるライム病の発生が多いので、その疾患について、また予防法・対処法などを聞けたのは参考になりました。

13smok / Pixabay

ミーティングの最後には、担当の方に質問をする時間もあります。もちろん、ミーティングの途中でも、質問があれば随時受け付けてくださり回答がいただけます。

またこちらは、事前に申し込みすると、ベビーシッターをつけていただけるので、子供連れでも参加することができます。

こちらのミーティング開催の情報は、先ほどおすすめした、ピッツバーグ便利帳のメーリングリストにメールが来ますので、是非ピッツバーグ便利帳のメーリングリストに登録することをお勧めします。

 

このように、ピッツバーグに来る前、また来た後でも、ピッツバーグの情報収集ができるのはとても助かります。

ぜひ活用してくださいね!